2018年05月26日

揖保川水系引原川上流のイワナ・アマゴ 2018年5月25日

今回も仕事早退→地元の用事→夕方渓流でいつもの揖保川へ。
前回の尺イワナに気をよくして、イワナ域へ
DSC_0620_R.JPG

減水の中、まず淵で中イワナがヒット
DSC_0606_R.JPG

前回、スレ掛やバラシが多いように感じたので今回はフェザーや赤いストローをフックに装着。
まずはがっつりフックを加えている。

今日はチャラ瀬へも出てきているアマゴを少しづつ追加していく
DSC_0610_R.JPGDSC_0622_R.JPGDSC_0617_R.JPG

最後は、両側崖で入りにくい大淵を長距離でせめて本日最大のメタボな良型をキャッチ。
DSC_0624_R.JPG

今回も短時間釣行でキープ7匹と満足。
DSC_0627_R.JPG

昔からあるパーツだけど今回はフックへの赤パイプ装着が効果抜群。
良型のバラシなし、ほとんどの魚でトリプルフックが口の中に掛かっていた、むしろリリースが多いときは要注意かも。
DSC_0626_R.JPG

posted by B-AN at 09:23| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

揖保川水系引原川のアマゴ・イワナ 2018年5月10日

朝出社、午前で早退、昼に地元の用事、で…夕方渓流へ

DSC_0564_R.JPG
藤がきれいな時期は渓流魚も釣りやすい

DSC_0554_R.JPG
まずはボーズが嫌なのでダム下流の里川でアマゴ狙い。

DSC_0553_R.JPG
いつものポイントで良型アマゴ。

あと2尾追加後
DSC_0556_R.JPG
DSC_0557_R.JPG

今日は時間がないけどイワナを自作ルアーで釣りたかったので源流へ移動
路肩に積み上げられた雪がまだ溶け切っていない。
DSC_0565_R.JPG

DSC_0563_R.JPG

銀化(スモルト)?のアマゴ、顔も違うが鱗剥ぐとちゃんと朱点のあるアマゴで赤身。
DSC_0558_R.JPG

必ず良型イワナが居るはずの淵を、ルアーの利を活かして大遠投
DSC_0560_R.JPG
...で...出ました。
DSC_0568_R.JPG

キープはアマゴ4、イワナ1だけど最後の尺越え1本で満足。
DSC_0571_R.JPG

良型イワナ2本バラしているのでこれは改善点、シングルフックの方が良いのかな。
今回はIWASAMEメンバーで作っている量産1型と名付けているスピナーのみで通した。
IWASAMEの名で某大手フリマサイトにてブレードやシャフトの小分け販売や構造の説明しています。
posted by B-AN at 13:00| Comment(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする