2015年11月04日

賀露一文字(鳥取港沖一文字)のフカセ釣り 2015年11月3日

青物はほぼ諦めて癒し系の小グレ釣りへ
にこにこ渡船で向かった一文字は、西側の工事が一段落していた。

東(砂丘向き)の風景
DSC_0039_R.jpg

オキアミのみでもグレはコンスタントに釣れるがサイズは小さい。
日が高くなってくると棚が浅くなって入れ食いに。
DSC_0041_R.jpg

マダイかと思ったらカンダイ、メスは愛嬌がある。
DSC_0037_R.jpg

スカリに入れたのはちょっとましなサイズの20尾ほど、持ち帰りはその半分。
最大でも30cmぐらい。
DSC_0043_R.jpg

友人も短竿で器用にフカセてサンバソウ混じりで釣っていた。
久しぶりに午後までがんばって納竿。
青物狙いのカゴ師は釣れていない、スズキは出ていた。
磯では、大型の青物も上がっていた様子

DSC_0045_R.jpg

ここのところゆるい釣りが多くなってきた。
グレは少し前に比べ脂がのっておいしくなっており、シンプルな刺身や煮付けでもGOOD。
捌いた魚の腹にはアオサがたくさん入っていた。
posted by B-AN at 07:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます!
毎回、拝見させていただいています
加露一文字はまだ経験がないのですが、その場所はタモは必用でしょうか?
釣座は高いですか?

友人からここ最近、サゴシが加露一文字であがっていると聞きました。と、すると千代川河口でも釣れるかなぁ…と思ったりします。

グレは釣ったことないのですが、刺身もいけるのですね!
Posted by けん。 at 2015年11月12日 10:35
けんさん
この一文字は内側でも結構高さがあります。
(外側は大型テトラで大変危険)
私のタモの柄は7mです、場所によりますが5m以上はあったほうがよいと思います。
サゴシや小型青物は強めのタックルなら抜きあげたほうがよいと思います。
なお船着場の近くなら海面近くまで階段で取り込みに降りていけます。
サゴシやスズキは河口も釣れているようです、ほとんどの場所が一文字より危険なので気をつけてください、1500円で魚影も安定している一文字に渡る事をお勧めします。
Posted by b-an at 2015年11月12日 12:36
貴重な情報をありがとうございます!
今月中には行ってみようと思います、ありがとうございました!
Posted by けん。 at 2015年11月13日 13:12
こんばんは!
夜分遅くに失礼します。18日が仕事が休みだったので賀露一文字に渡る予定でしたが、天候が悪く断念し、まだ予報がましな神戸ポーアイに行きました!
サワラやサゴシの他、タチウオが釣れましたよ。
ポーアイ沖では、ムラはあるもののの日によればサワラが爆釣していたようでした。
なかなかめ巡りあわないもんですよね…

次は賀露一文字に行こうと思います!
Posted by けん。 at 2015年11月20日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック